アートギャラリー





「平野区地域福祉計画第2期 表紙」

H29.12
平野区地域福祉計画第2期の表紙に障がい当事者の方から応募いただいたイラストが採用されました。




「平野区地域福祉計画第2期 裏表紙」

H29.10
平野区地域福祉計画第2期の裏表紙に障がい当事者の方から応募いただいたイラストが採用されました。


AMさん

「ライムスカッシュとレモンスカッシュ」

H29.07
平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
透明感と清涼感に溢れた夏にぴったりの涼しげな作品です。
8/27の全興寺での展示会(オリーブ展2017)では実物をご覧になれます。


利用者一同

春が来た

H29.04
平野区の生活介護ひらのを利用されている方々の作品です。
鮮やかな切り絵で、待ち焦がれた春の到来をみなさんで喜ばれていました。


元村祐子さん

新年の朝

H29.02
平野区で発達障がい支援をされている一般社団法人UnBalanceさんからいただいた作品です。
「今年の元旦から描きはじめました。酉年の今年もたくさんの笑顔が咲くようにという想いで描きました。」という素晴らしい作品です。
全てフリーハンドで描かれています。


駿気さん

クイズ番組

H28.11
平野区で障がい福祉サービスを利用されている方の作品です。
今回で2度目の出展をしていただきました。
鉛筆を使った手描き作品をスキャンして、パソコンで色を付けるという手法で作成されました。


利用者一同

花火に浮く金魚

H28.08
平野区の生活介護(第二ひらの)を利用されている方の作品です。
「花火があがる空に色鮮やかな金魚が泳いでるイメージです。
花火は利用者の方に吹き絵で作って頂いています。中には吹くのが難しい方には 棒で絵具を伸ばして花火を作っています。色が付いていく度に「きれいやな」と言っておられる方もいました。 金魚の貼り絵はみなさん集中されており自分で色とりどりの紙を選んでもらい貼り付けています。」 という夏らしい作品です。


駿気さん

無題

H28.07
平野区で障がい福祉サービスを利用されている方の作品です。
「一からパソコンで描いています。色使いは、美術の先生にすごいセンスだと褒められていました。」 という色鮮やかな作品です。


利用者一同

「生活介護ひらのへようこそ」

H28.03
平野区の生活介護ひらの(従たる事業所)を利用されている方々の作品です。
この作品は生活介護ひらのに来て頂ける方に、全員の作品でお出向えをしようということで作り始めました。
利用者の皆さんが自由に好きなものを作品にしています。飾っている棚も手作りになっています。
これからも色々な作品を作っていき明るい気持ちでみなさんが当事業所にお越しいただければと思います。


AMさん

「カピバラ温泉」

H28.02
 平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
H27年9月の表紙に続いての2作目です。
「久しぶりに鉛筆で書いてみました。」というほっこりした作品です。


「紅葉」

H28.01
 平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
「がんばって書きました!」と気持ちのこもった作品です。
保田徳次さん

「やま」

H27.12
 平野区で重度訪問介護を利用されている方の作品です。
重度障害のある方が力いっぱい筆を振るわれました。支援者にお手伝い頂きながらではありますが、元気に歩けていた頃の登山を思い出しながら、またいつか大好きな「やま」に登るという気持ちのこもった作品です。
石川和広さん

「カワセミ」

H27.11
 平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
「絵心がないと思っていた僕ですが、初めてアート教室に挑戦して、意外とできると実感しました。」という作品です。
石川明広さん

「木に飛びつく猫」

H27.10
 平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
「アート教室で初めて描いた作品です。魂を込めて描きました。
まったくの我流ではじめて、絵を描きながら手法を自分で学んでいきました。」という力作です。
AMさん

「アロワナ」

H27.09
 平野区の地域活動支援センターオリーブを利用されている方の作品です。
「水槽の熱帯魚を眺めているような感じで見てもらえたら」との思いで描かれた見事な作品です。
栗崎茄奈枝さん


H27.08
 平野区の地域活動支援センターオリーブでは毎週木曜日、アート教室を開き、川口彩先生ご指導のもと、約10名の方が作品制作に取り組んでおられます。
 そして、平野の町ぐるみ博物館スペシャルデイにて作品展を開催し、当日は全興寺おも路地2階にてみなさんの心のこもった作品をご覧いただけます。
 また、オカリナと三線の演奏もお楽しみいただけます。
生活介護「ひらの」

あったか家族でいいね

H27.07
 平野区の生活介護「ひらの」では牛乳パックを再利用してはがきサイズの和紙作りに挑戦しています。
 10名ほどで1日数枚程度しか制作できませんが、みんなの思いがこもった和紙は一枚一枚味わいのあるものになっています。
 最近では地域で絵手紙をされている方にご協力いただいて写真のような作品にも仕上げています。
 額は家具屋さんの廃材をいただいて再利用しています。
 利用者さんの創作活動と地域の方々との協力による共同作品です。
松村善弘さん

阿倍野 サンセット・タイム

H27.06
 私は、平野区の出身で平野区の「地域活動支援センターオリーブ」に所属しています。
 現在は阿倍野区に在住しており、今回、地元を描きたくて作品制作に取り掛かりました。
 『ニューヨークみたい』との声もあり、都会的で斬新な作品に仕上げました。  若者の街に変わって行く、阿倍野を象徴するような、阿倍野歩道橋から見た夕焼けです。
 コンセプトとすれば、好きな人と、ロマンチックな夕焼けを二人で見るのを想像し、描きました。
 大阪は都会である事をアピールした作品です。


平野区地域自立支援協議会とは

障害者の地域における生活を支援し、自立と社会参加を促進するため、平野区における相談支援事業をはじめ障害者福祉に関するシステムづくりに関して協議する場です。

   

担 当 : 平野区地域自立支援協議会事務局
所 在 : 平野区保健福祉センター保健福祉課 (〒547-8580 大阪市平野区背戸口3-8-19)
電 話 : 06-4302-9857  FAX : 06-4302-9943
受 付 : 平日9:00~17:00

  • 個人情報の取り扱い
  • 著作権について

  •